11月23日(祝)、本校和太鼓部が、知立市文化会館(パティオ池鯉鮒)で行われた令和4年度高文連郷土芸能専門部愛知県大会に出場し、全国大会(2023かごしま総文祭)出場をめざして素晴らしいパホーマンスを見せてくれました。画像は本番直前に私が楽屋へ激励にお邪魔させていただいた様子です。リラックスした表情を見せてくれましたが、内心は緊張感一杯だったのではなかったのでしょうか?(大会規定で演奏中の画像はネット等への掲載を控えることになっていますので悪しからず)

和太鼓部の「祈り」の演奏は、昨年夏の「2021わかやま総文祭」以来、何度も拝見させてもらっていますが、毎年その世代ごとにそれぞれの良さがあると感じています。今回の演奏は、前半は心地よいリズム感豊かな演奏であったのに対して、獅子舞を挟んで後半は、加えて力強さが際立つメリハリある演出であったように感じました。

今回の大会、審査の都合で成績発表は後日になると聞いています。日頃から熱心にご指導いただいているコーチや顧問の先生方、生徒の活動を温かく見守っていただいている保護者や地域の皆様に感謝しつつ、最高の結果を期待して成績発表を待ちたいと思います。(校長)